Blog&column
ブログ・コラム

パーマのもちをよくするには?

query_builder 2022/05/01
コラム
17
パーマをかけたら、できるだけ長くもたせたいですよね。
そこで今回は、パーマのもちをよくするにはどうすればいいのかを見ていきます。

パーマのもちをよくするコツ
パーマのもちをよくするには、いくつかのコツがあります。

■最初のシャンプーのタイミング
パーマをかけたその日にシャンプーをすると、まだ髪になじんでいないパーマ剤が流れてしまいます。
そのため、パーマをかけてから48時間以内のシャンプーは控えましょう。
パーマの施術前にシャンプーを済ませておき、2日ほどおいてから洗うとパーマのもちがよくなりますよ。

パーマヘア用のヘアケア剤を使う
洗浄力の強いシャンプーを使うと、パーマ剤が早く取れてしまいます。
パーマのもちをよくするには、ノンシリコンやアミノ酸系の洗浄成分を使ったシャンプーがおすすめです。
ただ、パーマによって髪がパサつく場合は、シリコンが入っているトリートメントの方がよいこともあります。
どれがいいのかで迷ったら、理容室のスタッフに相談してみてくださいね。

■乾かし方
パーマヘアをぬれたままで放置すると、水分の重みでカールが伸びてしまい、だらんとした状態になってしまいます。
きれいなカールを保つには、洗ったらすぐに乾かすのがコツです。

■寝る時にも注意
寝る時はどうしても髪が押さえられてしまいますので、寝ぐせがついてパーマのもちが悪くなります。
髪が長い方はまとめてナイトキャップの中に入れるなどして、体の下敷きにならないようにしましょう。

▼まとめ
パーマをかけた後、もちをよくするためのコツを見てきました。
常に意識していると、パーマのもちがずいぶんと変わるのではないでしょうか。
大森にある当店は、さまざまなパーマの施術を行っております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 頭皮が乾燥する原因をご紹介

    query_builder 2022/11/15
  • 天使の輪の作り方をご紹介

    query_builder 2022/11/01
  • 男性の身だしなみで気を付けるべきことをご紹介

    query_builder 2022/10/15
  • 寝癖を直すにはどうすればいい?寝癖の直し方をご紹介

    query_builder 2022/10/01

CATEGORY

ARCHIVE